• マンション管理組合支援センター電話番号

マンション管理組合の健全な運営に役立つヒント集

管理費見直し:叩けよさらば開かれん


blog0810

ブログランキング・にほんブログ村へ 住まいブログ マンション管理・経営支援

◎ 管理会社の見積りチェック

自分達が払っている管理費の無駄を省こうと、管理会社から提出された各種の見積りの内容に注文を付ける理事会も増えているようです。いつも黙ってOKしているだけでは管理会社の「良いお客さん」になってしまうので、管理組合の取組み姿勢の第一歩としてこれは大事な点です。


でも、本当に成果を上げるためにはもう一歩踏み込んで「大きな無駄」をきちんと見直すための行動を起こすことが大切です。
 


◎ 家計感覚の落し穴:少額の支出にこだわりやすい

理事会での議論でよく見かけるのは、数万円程度の備品や消耗品の管理費支出についてもっと安く買えるところがあるといった指摘が出やすいことです。日常の経験による相場観(家計感覚)がはたらくものについては皆さん意見が言いやすいですね。管理会社も理事会の機嫌を損ねないよう少額の減額には応じやすく、こうした費用をひとつずつ減らして行くこと自体はもちろん悪いことではありません。


けれども、注意したいのは10万円の支出から仮に2~3万円の手数料分を削ったとしても管理費予算全体から見れば大きな費用削減にはならないということです。もし、こうした身近な少額支出ばかりに目がいって管理会社に少しずつ減額させることで満足してしまい、もっと高額の支出の見直しが手付かずだとしたら、結局は「良いお客さん」になってしまっている可能性があります。


(なお、こうした現象を「パーキンソンの凡俗法則」(Wikipedia参照)というのだという事をある識者に教わりました。)


◎ その一方で、数100万円を超えるような支出には・・・

こうした場合に見られるもう一つの傾向は、200万円、300万円を超えるような高額の設備工事等の見積りになると、その中の運搬費や雑費等を数万円値切ることはあっても、工事代金本体の妥当性を本格的に見直す議論は起きにくいことです。高額の設備工事については日常生活の経験から金額が妥当かどうか判断するというわけにいかず、他にどのような業者があるのかも分からないという事情があるのだと思います。


また、管理費の中で最大の支出は何といっても管理会社への毎年の管理委託費ですが、これを本格的に見直すのも家計感覚だけでは手に余る仕事です。


◎ 「叩けよさらば開かれん」:行動を起こすことが大切

けれども、実はこうした部分にこそ、競争力のあるしっかりした業者や管理会社を見付けることにより、場合によっては3~4割にも及ぶ大きな金額を削減出来る可能性があります。

こうした大きな削減は理事会の場で管理会社を相手に押し問答しているだけでは実現できません。管理組合が自分達で調べて行動を起こし、必要に応じて専門家と相談しながら他の業者や管理会社を探すことで初めて道が開かれるものです。実際にこうしたことを実践してきた理事会も少なくないと思います。


管理費の「大きな無駄」をなくすことはマンションを長期間健全に保つためにとても大切です。「叩けよさらば開かれん」の精神であなたもチャレンジしてみませんか


(マンション管理士NK)



■お問い合わせ先
TEL/FAX: 03-5820-2152 平日10:00~17:00(来所は月・火・木のみ)
Email : info@kanri-kumiai.jp


★ご参考になりましたら、ぜひクリックをお願いいたします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 住まいブログ マンション管理・経営支援

Pocket

  
  • 執筆者 & お問い合わせ

    マンション管理組合
    支援センター編集部

    東京都昭島市中神町1-22-22

    ◆都内連絡先
    東京都千代田区東神田2-8-7
    共信ビル

    TEL/FAX: 03-5820-2152
    平日10:00~17:00(来所は月・火・木のみ)
    Email : info@kanri-kumiai.jp

  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ